KOH, Shinji 黄 晋二
学部
理工学部
学科
電気電子工学科
職位
教授
【所属学会】
応用物理学会、電気化学会、ニューダイヤモンドフォーラム
【研究分野】
材料工学、結晶成長、デバイス工学
【担当科目】
電気磁気Ⅰ及び演習、電気磁気Ⅱ及び演習、電気数学、半導体デバイス、電気電子工学基礎実験Ⅱ、電気電子工学概論、半導体工学特論、電子物性・材料工学特論Ⅰ
【ホームページ】
http://www.ee.aoyama.ac.jp/koh-lab/index.html
【キーワード】
グラフェン、結晶成長、センサー、透明アンテナ、バイオ燃料電池
【モットー】
ただ はつらつとした活動によってのみ 不愉快なことは克服される
【所属学会】
応用物理学会、電気化学会、ニューダイヤモンドフォーラム
【研究分野】
材料工学、結晶成長、デバイス工学
【担当科目】
電気磁気Ⅰ及び演習、電気磁気Ⅱ及び演習、電気数学、半導体デバイス、電気電子工学基礎実験Ⅱ、電気電子工学概論、半導体工学特論、電子物性・材料工学特論Ⅰ
【ホームページ】
http://www.ee.aoyama.ac.jp/koh-lab/index.html
【キーワード】
グラフェン、結晶成長、センサー、透明アンテナ、バイオ燃料電池
【モットー】
ただ はつらつとした活動によってのみ 不愉快なことは克服される
研究内容
炭素材料で創り出す新しいエレクトロニクスデバイス
新しいエレクトロニクスデバイスの開発に取り組んでいます。デバイスの材料として、グラフェン・薄膜グラファイト・薄膜ダイヤモンドなどの炭素系薄膜材料に注目しています。これらの材料は炭素のみで構成された物質であるため、生体親和性が高く、多様な化学修飾による表面の機能化が可能です。また、2次元シート材料であるため、高度に成熟した半導体デバイス作製技術をそのまま活用でき、ナノメートル領域で精密に制御された構造を持つデバイスの開発が可能です。現在、発光性グラフェンを用いた光デバイス、医療診断チップ用バイオセンサ、生体が作り出すエネルギーを電力として抽出するバイオ燃料電池、IoT技術への応用を目指したマイクロ波帯のアンテナや電波吸収体などについて研究を進めています。併せて、グラフェンやグラファイトの合成・結晶成長についても研究を進めています。各種応用に適した特性(膜厚、層数、表面形態、表面官能基、欠陥密度など)を持つ炭素系薄膜材料の開発を目指しており、作製した材料の結晶学的・電気的・電気化学的基礎特性の評価も行っています。目標とするデバイスを開発するために、電気電子工学の範疇のみならず、酵素化学、電気化学、生体分子工学などの異分野技術を取り入れた融合的な研究を展開しています。材料、デバイスに関する共同研究、試作などに柔軟に対応します。是非、ご相談ください。

取り組んでいる研究テーマ
・単結晶グラフェンの結晶成長技術と他基板への転写技術
・グラフェンインクを用いたプリンテッドエレクトロニクス技術
・ミリ波・マイクロ波帯のフレキシブルなグラフェン透明アンテナ
・表面化学修飾によるグラフェンの機能化技術(光るグラフェンの作製など)
・グラフェントランジスタをベースとする化学センシングデバイス
・グラフェン電極における電気化学発光(ECL)を活用する免疫分析技術
・酵素固定化グラフェン電極を用いたバイオ燃料電池



図(上左)グラフェンのAFM&KFM像 (上右)シリコン基板に転写した単層グラフェン(下左)PET基板上に作製した、酵素バイオ燃料電池のための酵素固定化グラフェン電極(下右)単層グラフェンを用いて作製したマイクロ波帯透明ダイポールアンテナ
PICK UP
閲覧した人は下記の研究者も閲覧しています。