OIWA, Kosuke 大岩 孝輔
学部
理工学部
学科
電気電子工学科
職位
助教
【所属学会】
電気学会,電子情報通信学会,日本生体医工学会,IEEE
【研究分野】
生体計測工学,生体医工学,感性工学,医療福祉工学,画像処理,神経工学,細胞生物学
【担当科目】
電気電子工学基礎実験Ⅰ,電気計測実験,電気回路Ⅲ
【ホームページ】
https://researchmap.jp/kou_oiwa/
【キーワード】
生体信号計測、バイタルサインセンシング、非接触生体計測、機械学習、画像処理
【モットー】
いつでも明るく,そしてポジティブに!!
【所属学会】
電気学会,電子情報通信学会,日本生体医工学会,IEEE
【研究分野】
生体計測工学,生体医工学,感性工学,医療福祉工学,画像処理,神経工学,細胞生物学
【担当科目】
電気電子工学基礎実験Ⅰ,電気計測実験,電気回路Ⅲ
【ホームページ】
https://researchmap.jp/kou_oiwa/
【キーワード】
生体信号計測、バイタルサインセンシング、非接触生体計測、機械学習、画像処理
【モットー】
いつでも明るく,そしてポジティブに!!
研究内容
【〜健康寿命の延寿を目指した遠隔バイタルサインセンシング〜】
 近年,三大疾患とされる脳血管・心臓血管障害の危険因子である高血圧症の患者数が増加傾向にあります。高血圧症の早期発見や予防には,長期・継続的な血圧値モニタリングが必要不可欠となります。従来の血圧値モニタリングでは,専用機器に付随した計測用カフを腕に巻きつける必要があり,計測中に行動を制約されることや計測における煩雑さがあることから,いつでも手軽にかつ長期・継続的に血圧値をモニタリングすることは困難です。一方で,赤外線サーモグラフィ装置やCCDなどのデバイスを用いて皮膚温度や皮膚色変動などを非接触で計測できる技術が確立されており,これらの指標から心拍数や呼吸間隔を非接触で計測できるようになっています。
 我々は,非接触生体計測技術に基づく新たなバイタルサインセンシング技術の確立を目指しています。特に血圧を非接触でセンシングすることができれば,血圧の長期・連続的モニタリングの実現,高血圧症の早期発見・予防の実現が期待できます。現在まで,顔面可視画像から取得できる顔面脈波成分と,顔面皮膚温度に基づく血圧推定を試みており,これらの指標から血圧値が推定できる可能性を示しています。最近では可視・近赤外・赤外領域の多波長センシングに基づく非接触バイタルサインセンシングにも挑戦しています。

【近年の研究業績(2020年6月現在)】
【学術論文】
・K. Oiwa, and A. Nozawa: "Feature Extraction of Blood Pressure from Facial Skin Temperature Distribution Using Deep Learning", 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌), Vol.139, No.7, pp.759-765 (2019)
・Y. Ozawa, K. Oiwa, S. Miyazaki, S. Nishimura, Y. Nanai, and A. Nozawa: "Improving the Accuracy of Noncontact Blood Pressure Sensing Using Near-Infrared Light", 電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)(in printing)
【学会発表】
・K. Oiwa, S. Bando, and A. Nozawa: "A Contactless Blood Pressure Sensing Using Facial Thermal and Visible Images", 23rd International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 23rd 2018), OS17-3 (2018)
・N. Nakane, K. Oiwa, and A. Nozawa: "Construction of A General Model for Estimating Blood Pressure Using Independent Components of Facial Skin Temperature in Consideration of The Mechanism of Variation", IEEE 18th World Symposium on Applied Machine Intelligence and Informatics (SAMI 2020), 13 (2020)

【希望する連携内容】
 特に非接触生体センシング,長期・継続的バイタルモニタリング関連の共同研究を希望しますが,生体計測技術はヘルスケアに限らず,製品設計・評価,作業パフォーマンス評価など,多岐にわたる分野で応用可能です。非接触生体計測技術に基づく評価・研究に興味がございましたら,いつでもご相談ください。



皮膚色時系列変動に対する独立成分分析による顔面脈波成分抽出

顔面脈波成分の振幅値-血圧値の相関分析と線形回帰モデル
PICK UP
閲覧した人は下記の研究者も閲覧しています。